部屋探しでは車の運転が重要

部屋探しをするのは疲れる

ということで早速紹介してもらった3件へと車で案内してもらう。今度こそ決まるといいな、部屋探しをするのも意外と疲れるんだよね。まぁ不動産会社の営業マンの方が車も運転してるし疲れるんだろうけど。これだけの数を回るとなると、本当にこの営業マンで良かったと思う。運転が上手いから部屋探しで物件を見て回るのが苦にならない。5年ほど前に引越しをした時は、本当にひどい目にあった。あまりに運転が下手くそで、気分が悪くなった。

部屋探しどころではない

ブレーキの使い方が荒くガックンガックンなるし、アクセルの踏み方も優しくないから、走り出す時にガクンとなって何度も吐きそうになった。その為に部屋探しどころではなくなってしまって、申し訳ないけどその営業マンの上司にお話させていただき帰った思い出がある。そのあと名誉挽回でもう一度、部屋探しの手伝いをさせてほしいと言われたが、二度と同じ目にはあいたくなかったので、丁重にお断りさせていただいた。今回は最高だと思う。

部屋探しし続けたかいがあった

ようやく最初の物件についたらしい。ここは1件目に紹介したところになりますと、玄関のドアを開けてくれた。中に入るとたしかにキッチンが広い、贅沢すぎるぐらいの大きさだと思う。部屋探しをしてて今までで一番大きいし、使い勝手も良さそうだ。冷蔵庫が置けるのも非常にいい。収納も営業マンから聞いていた通りに、高さがあり横幅もあるので十分な広さがある。あきらめずに部屋探しし続けたかいがあったと思えるほど、条件にピッタリ。

目次
部屋探しの予定通りの作戦
部屋探しを黙々とする
部屋探しにプラスアルファする
部屋探しでは車の運転が重要
部屋探しは最後に決めた

Copyright 部屋探しの作戦 2017
無断転載、無断コピー等一切を禁止します